自然・動植物に関する記事一覧

パワースポットとはどのような場所を言うのか

「パワースポット」と呼ばれる場所は世界中に存在しています。日本でも富士山や屋久島をはじめとする多くの場所が人気を集め、多くの人々が訪れていますが、この「パワースポット」という言葉はそもそもどのような場所のことを言うのでしょうか?日本の人気パワースポットの1つである島根県の出雲を例に考えてみましょう。

2017年12月16日 掲載

パワースポットとはどのような場所を言うのか

なぜ、ミドリムシがエネルギー問題を解決しうるのか

現在、多くの国では化石燃料に頼っていますが、これまでハイペースで使用し続けてきたため枯渇は避けられない状況にあります。2017年時点で石油はあと50年もしないうちに尽きてしまうと予測されているのです。また、化石燃料は二酸化炭素を生じさせるため、地球温暖化を加速させてしまう危険もあります。 それらの問題を解決するべく、トウモロコシやサトウキビなどの植物から作られるバイオ燃料が開発されました。しかしそれらの植物は食料としての需要も大きいため、使用量には制限があります。 そこで注目されているのがミドリムシです。ミドリムシは藻の一種ですが、植物と動物両方の性質を持つ特異な生物。水中の有機物を取り込み油脂に変換する特徴を持っているため、燃料を生成することができるのです。 近年ミドリムシは大量培養が可能になったため、化石燃料の枯渇や食用植物の大量消費という問題を解決できます。さらに、ミドリムシは植物としての特性を持っているため、二酸化炭素を取り入れて光合成をおこないます。そのため地球温暖化対策にも貢献するのです。 このように、最先端のバイオテクノロジーによってエネルギー問題を解決したい方は、農学という学問への進学をおすすめします。

2017年12月16日 掲載

なぜ、ミドリムシがエネルギー問題を解決しうるのか

なぜ、江戸時代はエコ社会と言われたのか

“MOTTAINAI”と言う言葉は、2004年のノーベル平和賞受賞者ケニア出身の女性環境保護活動家ワンガリ・マータイ氏に紹介され、環境破壊が急速に進んでいるアフリカでキャンペーンにもなりました。

2017年07月17日 掲載

なぜ、江戸時代はエコ社会と言われたのか

なぜ、中国は大気汚染を抑制できないのか

中国では、大気汚染の影響で毎年50万人が命を落としていると言われています。そして、日本へのPM2.5の飛来など近隣諸国への影響も問題になっています。では中国はなぜ大気汚染を抑制できないのでしょうか。

2017年02月10日 掲載

なぜ、中国は大気汚染を抑制できないのか

なぜ盲導犬にラブラドールが多いのか

盲導犬は目の不自由な人を助けるパートナーです。街中やテレビの中で盲導犬を見たことがある人は多いと思います。では、その盲導犬の姿を思い返してみてください。ラブラドール・レトリバーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際に盲導犬に向いている犬種は、ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバー、そしてラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーのミックス犬(F1)の3種類といわれています。性格上と外見上の2つの理由からこれらの犬種が盲導犬に適しているようです。

2017年02月10日 掲載

なぜ盲導犬にラブラドールが多いのか

なぜ、オランダの高校生Boyanは海洋のゴミ回収に立ち上がったのか

「16歳の高校生が、2億円集めて海洋ゴミの回収!!」日本の対馬沖ではじまった一つのプロジェクトが、いま、世界中から注目されています。それは海を流れてくるゴミを、海面に棒状の網を仕掛けて回収するというもの。この仕掛けは、とてもシンプルかつ自然エネルギーのみを使用した地球にやさしい作りで、実用化されれば海洋ゴミを最小エネルギーで回収し、再利用できるとされています。

2017年02月10日 掲載

なぜ、オランダの高校生Boyanは海洋のゴミ回収に立ち上がったのか