飲食に関する記事一覧

なぜ、豆腐は「国産大豆使用」が売りになるのか

豆腐や味噌、納豆などの大豆製品は、日本のソウルフードの代表です。特に、大豆からできる豆乳を固めて作る豆腐は、大豆そのものの味や香りを味わえるおなじみの食材です。輸入大豆を使った商品も増えている中、スーパーの豆腐売り場では「国産大豆使用」という表示をよく目にします。ではなぜ、豆腐は「国産大豆使用」が売りになるのでしょうか。

2017年12月16日 掲載

なぜ、豆腐は「国産大豆使用」が売りになるのか

なぜ、文化祭や学園祭で自由に飲食が販売できないのか

文化祭や学園祭の出し物を検討する際に、必ずあがるのが飲食の販売ではないでしょうか?実際に販売したことがある人ならお分かりだと思いますが、屋外で飲食物を販売するには、保険所からの許可が必要になります。どうして、屋外の飲食販売には許可が必要なのでしょうか?

2017年09月05日 掲載

なぜ、文化祭や学園祭で自由に飲食が販売できないのか

なぜ、牛や豚の内臓を「ホルモン」と言うのか

「ホルモン」という名前の由来には2説あります。一説は「イメージ戦略」です。臓物料理は栄養価が高いため、生理活性物質のホルモン(hormone)にあやかってこの名前にしたという説。「臓物をおひとつどうぞ」と出されるより「ホルモンです」と出されたほうが食欲が刺激されますね。

2017年09月05日 掲載

なぜ、牛や豚の内臓を「ホルモン」と言うのか

なぜフィッツのガムは、フニャフニャと柔らかいのか

「♪噛む~とフニャン・・・」でおなじみの「Fit‘s(フィッツ)」は、ガムを噛まない人、噛まなくなった人にガムを噛む良さ、楽しさを伝えたい、という思いから作った商品。Fit'sは近年では例を見ない大ヒットとなった。発売からわずか3週間で、販売個数は2000万個を突破。発売前に予想した3倍以上の売上を叩き出す、驚異的なスタートダッシュである。

2017年08月30日 掲載

なぜフィッツのガムは、フニャフニャと柔らかいのか

なぜ、キリンの生茶がパッケージデザインで評価されたのか

2000年に発売され、ペットボトル入りの緑茶飲料として地位を築いてきた生茶ですが、2016年にリニューアルが行なわれ、味もデザインも大幅に見直されました。ミクロン単位まで細かく粉砕した茶葉を加えた深い味わいもさることながら、新たなデザインも注目を集め、「日本パッケージデザイン大賞2017」では金賞を受賞しました。

2017年08月30日 掲載

なぜ、キリンの生茶がパッケージデザインで評価されたのか

なぜ、国産牛は高いのか

最初の理由は、その生産法にあります。アメリカの牛肉生産は、フィードロットという多頭数集団肥育場で飼養されるのが一般的で、これは設備を用いた大規模な生産方法で、効率的な生産方法でコスト削減が可能になっています。その他の理由としては、あまり牛に運動させないようにして肥大させるとか、すぐに体が大きくなりやすい飼料を食べさせていたりもします。加えて餌になる飼料も大規模農場で機械で生産しているので安く提供できます。このようにアメリカの牛肉生産は効率化が徹底されているのです。

2017年02月11日 掲載

なぜ、国産牛は高いのか

なぜ、牛肉は生焼けでも食べられるのか

「それ豚だからよく火を通してね」。キャンプなどでBBQをやるとこのような注意を受けることがあります。牛は刺身で食べられるのに、豚の刺身は食べたことがありません。なぜでしょう。

2017年02月11日 掲載

なぜ、牛肉は生焼けでも食べられるのか

なぜ、「プチッと鍋」は、2年で3倍の売り上げになったのか

「お鍋は大勢で食べるモノ!?」この常識を覆して大ヒットしているのが、濃縮液体タイプのスープが、小さなポーションに入っているエバラ食品の「プチッと鍋」です。プチッと開けるだけで、簡単に鍋に入れることができるところは、コーヒーにポーションミルクを入れるように簡単で手軽です。なんと、そんな「プチッと鍋」は、2年で3倍の売り上げになったそうです。なぜでしょうか。

2017年02月06日 掲載

なぜ、「プチッと鍋」は、2年で3倍の売り上げになったのか

どのようにして、お店は利益を最大化しているのか

あるお店では、ハンバーガーやチキンバーガー、フィッシュバーガーなど数種類が売られています。サイドメニューにはポテトやサラダ、ドリンクはS/M/Lのようなサイズがあり、顧客はさまざまな組み合わせで買うことができます。それでは、どの商品の組み合わせが、利益最大となるのでしょうか。

2017年02月06日 掲載

どのようにして、お店は利益を最大化しているのか

なぜ、海外には自動販売機が少ないのか

海外に行くと、自動販売機がほとんどないことに気付きます。台数だけ見るとアメリカが世界第一位ですが、人口や国土面積を勘案した普及率では日本が第一位です。では、なぜ諸外国では自動販売機が普及しないのでしょう。

2017年02月06日 掲載

なぜ、海外には自動販売機が少ないのか

なぜ、手作りチョコはまずいのか

バレンタインデーになると手作りのチョコレートをプレゼントする人がいます。しかし、経験した人ならわかると思いますが、手作りしたチョコレートはざらつきがあったり色むらが出て市販のチョコよりも味的には落ちてしまいます。おいしいチョコレートっていうのは、独特のとろけ感だったり、舌触りや歯ごたえ、噛んだ時の固さとか、それぞれ微妙に違っているのを感じ取っているんです。

2017年01月31日 掲載

なぜ、手作りチョコはまずいのか

どのようにすれば、努力しなくてもダイエットが可能になるのか

ダイエットというのはスポーツや勉強に例えることができるんじゃないでしょうか。自分がきついと思って努力しても結果に出ないこともあればそもそもそんな努力は続かないと三日坊主になることもしばしばだと思います。結果を出すには効率的に行う必要があります。

2017年01月31日 掲載

どのようにすれば、努力しなくてもダイエットが可能になるのか