コンビニに関する記事一覧

なぜ、コンビニアルバイトが芥川賞を受賞したのか

第155回の「芥川賞」を受賞した『コンビニ人間』。作者は、長年コンビニでアルバイトをしている村田沙耶香さん。 作品のテーマとして描かれているのは、「普通に生きるとはどういうことか」。主人公は一風変わった現実感覚を持っている36歳の独身女性。作品では、主人公女性の感覚と、周囲の人々の感覚とのズレがユーモアまじりに描かれており、「普通」に生きることを促す現代社会の在り方を巧妙に表現しているとの評価を受け、「芥川賞」を受賞しました。

2017年09月05日 掲載

なぜ、コンビニアルバイトが芥川賞を受賞したのか

なぜ、コンビニは安売りをしないのか

日々の生活で必要な食品や日用品を購入する頻度が高いスーパーは、少しでも安く購入したいという強い消費者ニーズにさらされています。では、あなたが花見やデイキャンプに行くときはどうでしょう。調理をしなくてもそのまま食べられるおにぎりや弁当はコンビニで買う人が多いでしょう。また、家庭で電球が切れたときなど遠くのスーパーに行くより最寄りのコンビニで買いませんか。このようにコンビニでは必要なものを少量だけ購入するという「目的買い」の顧客が多いため、安売りをする必要がないのです。

2017年09月01日 掲載

なぜ、コンビニは安売りをしないのか

なぜ、コンビニのおにぎりは腐らないのか

コンビニのドル箱商品と言えばおにぎり。豊富な品ぞろえで私たちのおなかを満たしてくれています。さて、コンビニのおにぎりですが、家庭で作るオニギリと違って、少々日数が立っても腐らないことに気が付いた人はいませんか。なぜコンビニのおにぎりは腐らないのでしょう。

2017年02月06日 掲載

なぜ、コンビニのおにぎりは腐らないのか

なぜ、コンビニは品切れを起こさないのか

コンビニはでは販売データを管理するPOSシステムというものがあります。レジに行くと、店員がバーコードで売り上げを入力しているのがそうです。そのデータを見ると、どんな商品が何時頃よく売れるのか、また、どんな商品どんな客層(性別、年齢等)が何をよく一緒に購入するのか。あるいは、1年を通して、どんな商品がどんなタイミングで売れるのかなどを分析することができ、それらのデータを見ながら店長が発注しているため、品切れが起こりにくいのです。

2017年01月31日 掲載

なぜ、コンビニは品切れを起こさないのか

なぜ、コンビニに家庭ごみを捨てると犯罪者になるのか

コンビニの前には多くの場合、ゴミ箱が置いてありますね。買い食いをしたときは特に、ゴミをすぐに処理できるあのゴミ箱の存在は非常にありがたく感じます。 しかし、あのゴミ箱にコンビニの商品以外で出たゴミ(家庭ゴミ)を入れると、どうなってしまうのでしょうか。「少々いいだろう」と思って、関係のないゴミをコンビニのゴミ箱に入れていませんか。

2017年01月31日 掲載

なぜ、コンビニに家庭ごみを捨てると犯罪者になるのか

なぜ、コンビニは女性顧客を意識した陳列にするのか

入口から入って右手、ガラス窓に面したところには女性雑誌が配置されています。雑誌棚から通路を挟んで、化粧品やストッキングなどの女性用品が並びます。これが一般的なコンビニでの陳列です。深夜入り口付近で男性陣が男性誌を立ち読みしている姿を想像してください。女性なら足が遠のいてしまいます。

2017年01月31日 掲載

なぜ、コンビニは女性顧客を意識した陳列にするのか