医療・福祉に関する記事一覧

なぜ、ゲノム分析は世界を変えると言われているのか

「ヒトゲノム計画」は2003年4月についに完了しました。この計画の完遂は人間の遺伝情報をすべて解読することを意味します。ヒトゲノムいろいろな場面で役立ちます。大量の遺伝子情報を電子データ化することで医療現場での遺伝子治療はもちろんのことながら農作物や畜産農家のブランド開発、個人に最適な個別化食品や個別化化粧品の開発など、ありとあらゆる産業で応用することが可能です。

2017年09月05日 掲載

なぜ、ゲノム分析は世界を変えると言われているのか

なぜ、軟骨は自己修復能力に乏しいのか

軟骨には骨に加わる衝撃を吸収する役割があるので、損傷すると痛みが生じます。そしていったん損傷すると元の状態に戻りにくいという特徴があります。

2017年09月05日 掲載

なぜ、軟骨は自己修復能力に乏しいのか

抗体治療とは、どのようなものか。

現在、がんなど多くの深刻な病を治療するため、抗体治療に注目が集まっています。この抗体治療とは、どのようなものでしょうか。

2017年09月05日 掲載

抗体治療とは、どのようなものか。

なぜ、製薬会社は外資系企業と連携するのか。

いま日本の医薬品市場では、外資系企業の勢いが強まっています。そして日本の製薬会社と外資系企業が業務提携を結び、成長しているというケースも増えています。そのように提携の道を選ぶ理由はいったいどこにあるのでしょうか。

2017年09月04日 掲載

なぜ、製薬会社は外資系企業と連携するのか。

なぜ、個人化治療が求められるのか。

いま医療の現場では、「個別化治療」という治療方法が注目されています。では、なぜいま個別化治療が求められているのでしょうか。   実は同じ病気を持つ人であっても、皆が同じ薬で改善するわけではありません。人によって合う薬が違うのです。合わない薬を投与した場合、副作用によるダメージだけが大きく、肝心の病気にはほとんど効果がないかもしれません。個別化治療はそうしたことをなくすために生まれた考え方です。

2017年09月04日 掲載

なぜ、個人化治療が求められるのか。

どのようにして、認知症患者と向き合えばいいのか

認知症ケアでは、認知症患者を含め、保健医療者や家族といった認知症ケアに関わる人々の連携が重要とされています。この連携を図るためには、関係者間の協力関係、パートナーシップの構築が必要です。お互いの知識や経験を共有していくことで自身を含めて認知症患者に向き合っていきます。

2017年07月17日 掲載

どのようにして、認知症患者と向き合えばいいのか

なぜ、薬で副作用がおこってしまうのか

多くの薬というのはある一つの作用のみではなく複数の作用を示すので治療効果とは異なる効果を発揮することがあります。こうした薬の持っている性質による副作用もあれば、薬の間違った使い方、薬を使う人の体質(アレルギーや生まれながらの病気など)、薬を使った時の身体の状態などによる副作用もあります。こうした薬の知識について学びたい時は薬学部があります。

2017年07月17日 掲載

なぜ、薬で副作用がおこってしまうのか

なぜ、汗をかくとアトピーが悪化するのか

なぜ、アトピー性皮膚炎は発汗により悪化するのでしょうか。汗の中の抗原に対する特異的IgE(アレルギー反応の原因。これを持つことで人はある物質に対してアレルギー反応を起こす)が、アトピー性皮膚炎患者に選択的に存在することを広島大学大学院医歯薬保健学研究院の秀道広教授らの研究チームは見出しました。

2017年07月17日 掲載

なぜ、汗をかくとアトピーが悪化するのか

なぜ、80歳で20本の歯を残すことが大切なのか

みなさんは8020(ハチマルニイマル)運動というものをご存知でしょうか。「80歳になった時に20本の歯を残そう」という運動です。なぜ、80歳の時に20本の歯を残す必要があるかというと簡潔に言えば、失った歯の数が一定のラインを超えると、ものをかむ能力の著しい低下が見られるからです。

2017年07月17日 掲載

なぜ、80歳で20本の歯を残すことが大切なのか

どのようにして、目に見えない体調を知り生活習慣病を予防できるのか

体組成という言葉があります。これは「体がなんでできているのか」という意味の言葉です。 からだを構成する組成分は大きく分けて脂肪、筋肉、骨、水分になります。脂肪が多すぎたり、筋肉が少なすぎたりと、体組成のバランスが悪いと生活習慣病や体調の乱れにつながります。株式会社タニタは体重計や体脂肪率がはかれる体脂肪計の他に筋肉量や基礎代謝量、体水分率などを計測できる体組成計を作っています。

2017年01月31日 掲載

どのようにして、目に見えない体調を知り生活習慣病を予防できるのか

なぜ、ガリレオ福山雅治は事件を解決できるのか

一昔前のドラマになりますが、東野圭吾原作のドラマ「ガリレオ」で福山雅治が演じた主人公・湯川は物理学の教授にもかかわらず、その類稀なる頭脳を使って難事件を科学的に解決することでお茶の間をにぎわせました。絵に描いた教授の湯川は極めて合理的論者(非合理的な理由とのことから子どもが近寄ると蕁麻疹が出るほど)で事件における可能性をしらみつぶしに実験で試していきます。その実験と自身の膨大な知識によって福山雅治演じる湯川は難事件を次々と解決できるのです。

2017年01月31日 掲載

なぜ、ガリレオ福山雅治は事件を解決できるのか