農学(畜産・水産・森林・獣医・食品工学)に関する記事一覧

なぜフィッツのガムは、フニャフニャと柔らかいのか

「♪噛む~とフニャン・・・」でおなじみの「Fit‘s(フィッツ)」は、ガムを噛まない人、噛まなくなった人にガムを噛む良さ、楽しさを伝えたい、という思いから作った商品。Fit'sは近年では例を見ない大ヒットとなった。発売からわずか3週間で、販売個数は2000万個を突破。発売前に予想した3倍以上の売上を叩き出す、驚異的なスタートダッシュである。

2017年08月30日 掲載

なぜフィッツのガムは、フニャフニャと柔らかいのか

なぜ、国産牛は高いのか

最初の理由は、その生産法にあります。アメリカの牛肉生産は、フィードロットという多頭数集団肥育場で飼養されるのが一般的で、これは設備を用いた大規模な生産方法で、効率的な生産方法でコスト削減が可能になっています。その他の理由としては、あまり牛に運動させないようにして肥大させるとか、すぐに体が大きくなりやすい飼料を食べさせていたりもします。加えて餌になる飼料も大規模農場で機械で生産しているので安く提供できます。このようにアメリカの牛肉生産は効率化が徹底されているのです。

2017年02月11日 掲載

なぜ、国産牛は高いのか

なぜ、牛肉は生焼けでも食べられるのか

「それ豚だからよく火を通してね」。キャンプなどでBBQをやるとこのような注意を受けることがあります。牛は刺身で食べられるのに、豚の刺身は食べたことがありません。なぜでしょう。

2017年02月11日 掲載

なぜ、牛肉は生焼けでも食べられるのか

どのようにして、農業生産の効率を上げるのか

国連の発表によると、現在世界の栄養不足人口は8億人近くにも達します。その原因は貧困や干ばつ、水害、政治的混乱など様々ですが、いずれにしてもますます世界人口が増えていく中で農業の発展は急務と言われています。では、どうすれば農業生産の効率を上げることができるのでしょうか。

2017年02月10日 掲載

どのようにして、農業生産の効率を上げるのか

なぜ盲導犬にラブラドールが多いのか

盲導犬は目の不自由な人を助けるパートナーです。街中やテレビの中で盲導犬を見たことがある人は多いと思います。では、その盲導犬の姿を思い返してみてください。ラブラドール・レトリバーを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際に盲導犬に向いている犬種は、ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバー、そしてラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーのミックス犬(F1)の3種類といわれています。性格上と外見上の2つの理由からこれらの犬種が盲導犬に適しているようです。

2017年02月10日 掲載

なぜ盲導犬にラブラドールが多いのか

どのようにして、日本の漁業を復活させるのか

現在、水産業は農業とともに衰退産業と言えます。毎年その就業者数は減り続けていて、また就業者の高齢化が進み漁業につく若者の数は極端に減ってきています。2011年に起きた東日本大震災の影響も日本の農漁業に大打撃を与えました。

2017年01月31日 掲載

どのようにして、日本の漁業を復活させるのか

なぜ、手作りチョコはまずいのか

バレンタインデーになると手作りのチョコレートをプレゼントする人がいます。しかし、経験した人ならわかると思いますが、手作りしたチョコレートはざらつきがあったり色むらが出て市販のチョコよりも味的には落ちてしまいます。おいしいチョコレートっていうのは、独特のとろけ感だったり、舌触りや歯ごたえ、噛んだ時の固さとか、それぞれ微妙に違っているのを感じ取っているんです。

2017年01月31日 掲載

なぜ、手作りチョコはまずいのか