政治・法学・国際関係学に関する記事一覧

なぜ、日本の食料自給率は低いのか

農林水産省の発表によると、平成27年度の日本の食料自給率は39%でした。農業大国と言われる日本にしては低い数字に思えます。なぜ、日本の食料自給率はこれほど低いのでしょうか。

2017年12月16日 掲載

なぜ、日本の食料自給率は低いのか

なぜ、開票率0%で当選確実が出せるのか。

選挙の際の開票速報では、開票率がまだ0%であるにもかかわらず「当選確実」が出るのをよく目にします。いったいどんなからくりがあるのでしょうか。 実はそれらの「当選確実」は、選挙管理委員会が公式に出したものではありません。報道各社が独自の調査によって予想したものを報道しています。判断方法は報道機関によっても異なりますが、参考にするのは主に事前の世論調査や投票会場での出口調査。それに加えて選挙会場で候補者別に分けられた票の山を双眼鏡で確認するなどして判断しているようです。 また、選挙では組織票が大きな力を持っているため、各候補者は選挙区の企業や団体への支持を求めて選挙戦を行ないます。そのため、実際に選挙が行なわれる前でもある程度結果を予想することができるのです。こうして報道される「当選確実」は、ほとんど間違いのない情報と言えます。 とはいえ、「当選確実」の報道が後になって訂正されたことも少なからずあります。最近では2017年4月に行なわれた岡山県備前市長選挙で一度は「当選確実」と報道された候補者が落選したということがありました。選挙結果の報道にはまだまだ改善の余地があると言えるでしょう。 このように、国や各地方自治体の将来を左右する政治に携わりたいという意欲をお持ちの方は、政治学という学問への進学をおすすめします。

2017年12月16日 掲載

なぜ、開票率0%で当選確実が出せるのか。

なぜ、政治家はポピュリストではいけないのか。

2016年のアメリカ大統領で勝利した現米大統領のドナルド・トランプ氏は、差別的な問題発言も多いことでも有名です。トランプ氏の人気は、政治家へのアメリカ人の落胆の現れと言われています。市民の意見が反映されない既存の民主政治に対する疑念と不満により、政治とは無縁のビジネスマンであるトランプ氏に人気が集まったのです。

2017年07月17日 掲載

なぜ、政治家はポピュリストではいけないのか。

なぜ、中国は大気汚染を抑制できないのか

中国では、大気汚染の影響で毎年50万人が命を落としていると言われています。そして、日本へのPM2.5の飛来など近隣諸国への影響も問題になっています。では中国はなぜ大気汚染を抑制できないのでしょうか。

2017年02月10日 掲載

なぜ、中国は大気汚染を抑制できないのか

なぜ、2020年に入試改革をするのか

日本の大学入試制度のあり方が、2020年を目処に大きく変わろうとしているのをご存じでしょうか。センター試験に代わり、「高等学校基礎学力テスト」、「大学入学希望者学力評価テスト」の導入が見込まれています。 このような改革が行われることになった理由は、大きくわけて二つあります。

2017年02月06日 掲載

なぜ、2020年に入試改革をするのか

なぜ、携帯会社は3つなのか

日本の携帯電話会社で代表的なものといえば、ソフトバンク、DOCOMO、 KDDIの3つですね。ワイモバイルという会社がこれらに続く4つ目の携帯電話会社として存在していましたが、現在はソフトバンクの子会社になっているため、実質的に日本の携帯電話業界は上記の3社がほとんどのシェアを占めていることになります。このような、数社によって特定の市場が独占されている状況を、寡占といいます。

2017年01月31日 掲載

なぜ、携帯会社は3つなのか

なぜ、コンビニに家庭ごみを捨てると犯罪者になるのか

コンビニの前には多くの場合、ゴミ箱が置いてありますね。買い食いをしたときは特に、ゴミをすぐに処理できるあのゴミ箱の存在は非常にありがたく感じます。 しかし、あのゴミ箱にコンビニの商品以外で出たゴミ(家庭ゴミ)を入れると、どうなってしまうのでしょうか。「少々いいだろう」と思って、関係のないゴミをコンビニのゴミ箱に入れていませんか。

2017年01月31日 掲載

なぜ、コンビニに家庭ごみを捨てると犯罪者になるのか