2018年05月12日 掲載

なぜ、規則正しい生活が薬よりも風邪対策に最も効果が高いと言われるのか?

出典:イラストAC
出典:イラストAC

冬場の風邪の代名詞といえるインフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって引き起こされます。インフルエンザにかからないために予防接種をする人も多いでしょう。

インフルエンザを予防する方法としては、ワクチンの予防接種の他にも、抗インフルエンザ薬の予防投与といった薬を用いるものやマスク、手洗い、うがいなどと様々な種類があります。その中で一番効果があるとされている方法は「規則正しい生活をすること」だと言われていますが、なぜそのように言われるのでしょうか。

私たちの体には、免疫という体内に侵入したウイルスや細菌などを排除するシステムが備わっており、その能力のことを免疫力と言います。この免疫力が高いと風邪をひきにくくなり、逆に低くなると風邪をひきやすくなります。つまり、免疫力を高める生活をすることが風邪予防になるのです。免疫力を高めるにはどのような方法があるのか、考えてみましょう。睡眠を十分にとること、適度な運動をすること、栄養を十分に取ることなど、様々な方法がありますが、それらは全て規則正しい生活につながっています。これが規則正しい生活が一番効果があると言われる所以なのです。

人には免疫以外にも様々な機能が備わっており、まだ未解明なものも多くあります。人の体が持つ機能を詳しく学びたいと思う方は生物学の分野に進学することをお勧めします。

みんなの疑問に回答してみましょう

この記事への疑問は投稿されていません。