2017年06月02日 掲載

時給を1700円にするためにはどうすればいいのか


バイトの時給といえば東京でも900円前後、地方だと850円前後が相場です。しかし「ぶち」で働くバイトの中には時給1700円をもらっている学生がいます。もちろん、働いてすぐに1700円になるわけではありません。

「ぶち」は勤務の質と量を公平に評価する制度があり、「ぶち」が定めた一定の条件をクリアすれば誰もが1700円(高校生は勤務時間の制限があるため1300円前後)の時給をもらえるチャンスがあるのです。その条件の中には、誰もがプライベートで楽しみたい休日に積極的にシフトを入れて貢献したり、下についた部下や新人バイトを面倒見たり、店長からリーダーに昇格する等々。

バイト経験のない高校生は最初にどのバイトを選んだらいいのか迷うところです。自宅に近いところ、好きな仕事、親が納得する仕事等々。しかしもしあなたが「お肉大好き!」人間なら迷わず「ぶち」のドアをたたいてください。これまで述べてきた通り、「ぶち」はブラックなイメージがいだかれる飲食業にあって、個人を尊重するための休日制度や社会で通用する社会人基礎力をつける研修制度、そして公明正大な昇給制度があります。

私たちと一緒に「ホルモン焼き肉」で社会に笑顔を届けませんか。

アルバイト採用情報 http://h-buchi.net/recruit03/

みんなの疑問に回答してみましょう

この記事への疑問は投稿されていません。