2017年06月02日 掲載

なぜ西条に「ヴァ―チュー7」を作るのか


ホルモン焼き肉「ぶち」を経営する株式会社ビッグアームは、2017年秋に東広島市西条にてニューヨークスタイルのステーキレストラン「ヴァーチュー7」を開店する。敷地面積520坪に140席を設けるレストランは西日本では最大級。ホルモンの扱いで日本一になった株式会社ビッグアームは、今後は肉に特化した他の業態でも日本一を目指す。その最初の挑戦が「ヴァーチュー7」である。

「ヴァーチュー(virutue)」とは日本語で「美徳」を意味する。グローバル化する社会で「欧米追随」が叫ばれる中、同社は日本武士道が持つ7つの徳、「義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義」を社会に想起させ、日本人としてのアイデンティティを見つめなおすきっかけにする。

東広島市は広島大学をはじめとし、近畿大学、広島国際大学、エリザベト音楽大学などを有する学園都市。多くの留学生や海外研究者が居住する他、1年を通じて開催される国際学会や10月の西条酒祭りには数多くの外国人が訪問するグローバルな環境にある。「ヴァーチュー7」は今後、和魂によるおもてなしと、最高級のステーキを提供することで、究極の和魂洋才のサービスを提供する。

みんなの疑問に回答してみましょう

近くの学生ですが、バイトとか募集しているのだろうか・・・。

  • 2017年10月03日 20:27:07