2017年06月02日 掲載

なぜスポーツ選手は「ぶち」に通うのか


スポーツ選手の多くが焼き肉をこよなく愛しています。最大の理由は体作りに最も必要とされる「タンパク質」を補給できるからです。どんなに体に負荷のかかる厳しいトレーニングを課しても、たんぱく質を補給しなければ体は大きくなりません。栄養面に加え、一つの鉄板や網を囲んでチームメイトと焼き肉を食することが、チームの絆を深めるというメリットもあります。

広島発祥の焼き肉店「ぶち」と姉妹店「ごろう」はスポーツ選手の御用達。カープやサンフィレッチェの選手が多用するのはもちろんのこと、最近では選手同士で口コミが広がってきたため、広島に延線に来た敵チームの選手もよく利用するようになりました。体を生業にしているスポーツ選手にとっては、食べ放題店ではなく、毎日仕入れる新鮮で上質なホルモンや肉が提供されることも魅力の一つになっているとか。

「ぶち」や「ごろう」でバイトすれば、あなたもいつかプロのスポーツ選手に会える日が来るかもしれません。

みんなの疑問に回答してみましょう

この記事への疑問は投稿されていません。