2017年06月02日 掲載

「肉ガール」はどのようにして働いているのか


焼き肉店には男性客と女性客のどちらが多いと思いますか?一般論はべつとして、「ぶち」や姉妹店「ごろう」の6~7割は女性客で占められています。焼き肉のおいしさを伝える広告としては上述した会長のCMが有効ですが、お客様の過半数を占める女性客の共感を得ることも大切です。そこで考案されたのが「肉ガール」と呼ばれる女性たちの広告起用です。

「肉ガール」たちは厳しいオーディションで選ばれたモデルやタレントの卵たち。彼女たちが目指す世界は競争が激しく努力だけではなく運も必要になります。そしてその運がめぐってくるまでどれだけの準備ができているかが命運の分かれ目になるのです。
モデルや芸能界で活躍するためには、容姿を磨いたり個性を持つことが前提条件となりますが、それらは数値で測ることができないため、多くの場合その人を評価する人たちの「好み」によって左右されます。一時期スポットライトを浴びながらもすぐに消えていったタレントや誰もが認める容姿に恵まれながらも上に行けない人がたくさんいます。その中には社会人としてのマナーや規律ができていないことで運をつかめない人も大勢いるのです。

「肉ガール」たちは広告塔になる一方で、社会人としての基礎力を磨くため「ごろう」で勉強をしているのです。「ごろう」が彼女たちの成功を願い、勤務シフトを最大限考慮してくれる点も彼女たちにとって大きな魅力の一つになっています。みなさんも「ごろう」に行って「肉ガール」を支援してください。

みんなの疑問に回答してみましょう

この記事への疑問は投稿されていません。