2017年02月10日 掲載

なぜ、日本人は名字で呼び合うのか

出典 www.amazon.co.jp
出典 www.amazon.co.jp

皆さんは人の名前を呼ぶとき、どのように呼びますか?おそらくその人との関係性によって、時には気分で呼び方を変えていると思います。日本人は相手のことを名字で呼ぶということが比較的多いようです。その理由は、日本人は個人より家系を重視してきたからという説や、一般的に相手を名前で呼ぶことは失礼とされているからといった説など様々です。

国が変われば名前の呼び方も変わってきます。例えば同じ漢字圏の中国では、親しい中でも名字+名前のフルネームで呼ぶことが多いようです丁寧な呼び方としてMr.やMrs.といった敬称+名字も使われますが、逆に距離感を感じさせる場合もあるようです。また、ドイツでは数年一緒に働いている同僚同士でも姓で呼び合うということが一般的です。

個人主義の強いアメリカでは上司に対しても名前で呼ぶことは一般的です。つまりその人に与えられた名前で呼ぶことによって、個を尊重しているともいえるでしょう。仕事についても同様です。日本人は「私はトヨタで働いています」など、自分が所属している組織で答えますが西欧などでは「私はエンジニアです」等、職種で回答し、自分の能力や専門分野を伝えるのが一般的です。

このように異なる文化的背景によって相手の呼び名も様々に異なっています。こういった様々な文化を取り扱う学問は社会学の領域です。

みんなの疑問に回答してみましょう

個人主義と集団主義の境はどこなのでしょうか。
日本はよく集団主義と呼ばれますが、どのような環境だったら個人主義国になっていたのか気になりますね。

  • 2017年10月18日 17:08:51

よく稲作文化に起因させる論考があります。では、同じ稲作文化の他国、たとえばタイなどは日本とまったく同じような集団主義なのか、このあたりを比較するのも面白いかもしれません。

2017年10月18日 20:46:37