2017年02月10日 掲載

なぜ、日本の水は安全なのか

出典 water-life.info
出典 water-life.info

皆さんは、水道からいつでも安全な水が得られるのは普通のことだと思いますか?実は世界広しと言えど、水道水を安全に飲むことができるのは日本を含めて15か国だけだと言われています。では、日本の水はなぜ安全なのでしょうか?

それはひとえに、日本の水道水に高度な浄水処理がなされていることによります。もちろんこれだけ日本の隅々まで浄水処理施設を整備するのは簡単なことではありません。日本でも昔は川の水や井戸水を利用してきた訳ですが、明治20年についに水道の設備が確立されました。そして、二度の世界大戦などの困難な時期を克服し、ついに日本全国できれいな水を供給できるようになった訳です。本当に感謝すべきことですね。

一方世界の多くの国では、いまだにきれいな水道水を得ることができていません。そもそも良質な水源が少ない国もあります。加えてインフラを整備するだけの経済力がなかったり、急激な経済成長によって水質汚染が深刻化している国もあるのです。そこで現在では、海外で日本企業が水道インフラの整備に協力している例も少なくありません。

このように、世界の人々の命と健康のために働きたいと思われる方は、環境工学という学問をお勧めします。また制度としてどのような支援が可能なのかを考えることに関心があれば、国際関係学や政治学もいいでしょう

みんなの疑問に回答してみましょう

良質な水源か悪質な水源かはどこが判断基準なのでしょうか。

  • 2017年10月18日 15:52:11

おいしいか、おいしくないか。わけありませんね。だれがどうやって決めてるんでしょうね。私も関心があります。

2017年10月18日 19:52:02

普通に浄水器を世界に販売する方法でもよいのではないか。

  • 2017年10月28日 18:05:08

これだと戦争が日本の水をきれいしたというふうにとれますが、戦争を体験した欧州でも水道水が飲めないところはたくさんありますが。

  • 2017年11月16日 22:56:10

もちろん日本の地理的な特性もありますね。欧州の水道水は日本人が飲むとお腹を壊すこともありますが、現地の人は日常的に飲んでいるようです。

2018年04月18日 14:14:06