2017年02月06日 掲載

なぜ、海外には自動販売機が少ないのか

出典: jihanki.servicenavi.net/
出典: jihanki.servicenavi.net/

海外に行くと、自動販売機がほとんどないことに気付きます。台数だけ見るとアメリカが世界第一位ですが、人口や国土面積を勘案した普及率では日本が第一位です。では、なぜ諸外国では自動販売機が普及しないのでしょう。

まず、日本は治安が良く、穏やかな国民性から販売機が荒らされる事故がほとんど起こりません。海外のように警官隊と市民が揉み合い、建物や器物が破壊される激しいデモがほとんど起こらないため、販売機を設置しやすいことが挙げられます。また、小売店にリスクがない方法で設置を進めたことも普及を助けました。販売機は無償貸出されており、小売店は設置場所と電気代を提供するだけで、その収益を受け取れます。この気軽さにより随所で販売機設置が進みました。

しかし、これを支えているのは日本の高い技術力です。海外の自動販売機は信頼性が低く、店頭購入が一般的です。日本ではお金を入れれば確実に商品が出てきますし、おつりが出てこないということもありません。 日本で自動販売機が普及したのは、国民性や販売の仕組み、技術力など複合的な要因によるのです。

社会における現象やそれらの関係性に興味がある人には社会学をお勧めします。私たちの生活を支える技術、高性能な仕組みに関心がある人は機械工学を、あるいはサイネージ型、コミュニケーションが取れるタイプなど、ユニークな自動販売機に関心があるなら電子工学がお勧めです。

みんなの疑問に回答してみましょう

自動販売機は当たり前のように思っていたが、日本独自の文化だと知り驚いた。私たちが当たり前だと思っていることがほかにもないだろうか。

  • 2017年07月15日 09:27:55

自動販売機を荒らしたら、犯罪になるのか

  • 2017年09月30日 10:51:48

グローバル化に伴い、日本の自動販売機の台数が減ることも可能性としてはありそうですね。

  • 2017年10月18日 15:45:09

「在日外国人は犯罪を犯す率が日本人より高い」というデータがあればその仮説は成立します。しかし意外と世の中には認識と事実が違うものが多い。実際に調べてみてみたらどうだろう。

2017年10月18日 21:10:51