2017年02月06日 掲載

なぜ、あかちゃんは子守唄を聞かせると落ち着くのか

出典:http://iku-labo.jp
出典:http://iku-labo.jp

普段の生活であかちゃんに触れ合うことがない人でも、あかちゃんに子守唄を聞かせるとあかちゃんが落ち着いたり、泣きやんだりすることを知っている人は多いのではないでしょうか?ではなぜ、あかちゃんは子守唄で落ち着くのでしょうか?

子守唄に限らず、人はゆったりした曲を聴くことで「テストステロン」という興奮作用のある男性ホルモンの分泌量が減少します。また、ママが歌うことでストレスホルモンである「コルチゾール」が減少し、リラックス効果が生まれる、という研究結果もあり、ママが子守唄を歌うと、あかちゃんは落ち着いたり眠ったりするのですね。

大人でも、電車に乗っていると周囲の音や電車の音がうるさくても眠くなってしまうことや、リビングで面白くないテレビを見ているときに、寝てしまうことがありますよね。これは「馴化(じゅんか)」と呼ばれる現象で、脳が刺激をうけなくなる状態のことを言います。人は馴化が起こると、リラックスして眠くなるのですが、子守唄にもこの効果があり、毎日決まった子守唄を歌うことであかちゃんに馴化が起こり、眠気を誘うことになります。

こうした理由から、子守唄を聞かせるとあかちゃんは落ち着くのです。あかちゃんに限らず、このような人の心理状態への関心がある人には、心理学部への進学をお勧めします。

みんなの疑問に回答してみましょう

高校の社会の先生がただたんに教科書を板書するだけの死ぬほどつまらない授業をしてみんなその時間は眠っています。これも馴化でしょうか。馴化先生とニックネームをつけてもよいでしょうか。

  • 2017年10月12日 18:28:57