2017年01月31日 掲載

なぜ、人は人を批判するのか

出典: www.toyo-keizai.co.jp
出典: www.toyo-keizai.co.jp

最近ニュースでも“ヘイトスピーチ”という言葉をよく耳にします。ヘイトスピーチとは、特に人種、民族、宗教、ジェンダーといった自分とは別の集団に属している人やマイノリティに属している人に対して、侮蔑したり差別する発言のことを指しています。デモや街頭での活動だけでなく、特にインターネットのような匿名の場所ではこのような発言をよく見かけるように感じます。

また、昨年行われた米大統領選挙では、ヘイトスピーチを繰り返したトランプ氏が非道徳的で非人道的であるにも関わらず当選し、アメリカ国内のみならず世界中に衝撃を与えました。自分たちの保持している文化が他国の文化より優れているという排他的な考え方広まり、社会的な影響力を持つことが懸念されています。

このようなヘイトスピーチの増加の背景にあるのは何なのか?人々はヘイトスピーチを通して何を訴えようとしているのか?そのような社会の現象を研究するのは社会学であり、ヘイトスピーカーの心の動きやその原因を研究することが心理学なのです。

みんなの疑問に回答してみましょう

ヘイトスピーチは自己肯定感の低さから来るのではないだろうか?

  • 2017年10月08日 00:11:06

わかるような気がしますが、それをもう少し言語化した君の論考を読みたいです。

2017年10月18日 20:54:51

「自己肯定感」という言葉を中高生から知っているとは脱帽です。ではその「自己肯定感」はどのようにしたら育てられるのでしょうか。またその逆に低い人はどのような環境で低くなっていったのでしょうか。

2017年10月28日 20:42:42