2017年07月17日 掲載

なぜ、薬で副作用がおこってしまうのか


多くの薬というのはある一つの作用のみではなく複数の作用を示すので治療効果とは異なる効果を発揮することがあります。こうした薬の持っている性質による副作用もあれば、薬の間違った使い方、薬を使う人の体質(アレルギーや生まれながらの病気など)、薬を使った時の身体の状態などによる副作用もあります。こうした薬の知識について学びたい時は薬学部があります。

例えば広島大学・薬学部の高野教授は薬を目標とする体の場所に効果的に送り届けるシステム「ドラッグデリバリーシステム」について述べています。すべての細胞は活動をするために必要な物質を内側に取り込み、要らなくなった不要物を外側へとはきだす機能を持っています。この仕組みを理解することで薬の効用を高めることができると言われています。

広島大学大学院医歯薬保険学研究員 医療薬剤学研究室(高野研究室)
URL http://home.hiroshima-u.ac.jp/mtakano/index.html

みんなの疑問に回答してみましょう

そんなことができるんですか。驚きです。

  • 2017年10月18日 20:29:02