2017年07月17日 掲載

どのようにして、認知症患者と向き合えばいいのか

出典: kaigo-chikara.jp
出典: kaigo-chikara.jp

認知症ケアでは、認知症患者を含め、保健医療者や家族といった認知症ケアに関わる人々の連携が重要とされています。この連携を図るためには、関係者間の協力関係、パートナーシップの構築が必要です。お互いの知識や経験を共有していくことで自身を含めて認知症患者に向き合っていきます。

認知症患者への対応による家族の介護疲れは現在も問題になっています。最悪の場合は傷害や殺人といった深刻なケースに至ります。

同問題は諸外国の先進国でも同様におこっていてそうしたケースを日本が参考にすることも珍しくはありません。認知症に対する具体的な施作や取り組み状況は各自治体でまちまちであり決して十分とは言えません。近年ではNPO団体など主導のもと全国で体系的な認知症政策を実現する動きなども見られます。

みんなの疑問に回答してみましょう

私の親戚にも認知症の方がいらっしゃいますが、結局認知症にはどのように対処すればいいのでしょうか。

  • 2017年10月18日 20:25:12

なぜ、数十年前まではいわゆる「ボケ」(認知症)の問題が大きく取り上げられてなかったのだろうか?
人口の割合が増えすぎたから?
医療が発展しすぎて、長生きしすぎているから?
脳と体のあるべき寿命バランスが崩れているためだろうか?

  • 2018年01月29日 16:06:13